幼稚園男児が始めるバレエ教室!そのメリットと概要は?

>

華やかな衣装

表現力と感受性

バレエを習う教室はいろいろな選択が可能です。
気軽にチャレンジできるのはカルチャーセンターなどです。
発表会などが無いところもあります。
大人などの初心者も。
3カ月単位などで続けて更新することもできます。
クラス別レベルに応じてレッスンを進めていかれます。
カルチャーセンターでは申し込める時期が他の講座と同時で、限られています。
レッスン費用も前払いなどで、まとめて数か月分支払います。
途中で入会や退会は原則できません。
あらかじめ体験や見学をすることも必要です。
個人のバレエ教室はバレエ団に元所属していたバレエダンサーが主宰の教室や、共同経営の教室などがあります。
先生の自宅のスタジオや、貸しスタジオなどを利用してレッスンするケースがあります。
先生の個性や指導法が違い、スタイルも違うので、あらかじめ見学や体験が必要です。

基本レッスンから

バレエ団付属のバレエ教室は、独特のシステムでプロ養成学校です。
講師陣も特に充実していて、発表会も華やかで、プロの舞台を身近に感じられます。
他の教室に比べ、レッスン料は高額になります。
バレエ団のある都市にか教室もなく、教室数が少ないことも挙げられます。
その他には、スポーツセンターやジムなどで、バレエレッスンのある会社もあります。
種類の多いのが特徴でダンスやスポーツを含めた複合スタジオで、バレエレッスンが受けられます。
その会員である必要もあるので、バレエレッスンは大人の女性が大半です。
個人レッスンや特別クラスのあるところもあります。
大人のレッスンでは体幹を鍛え、アップすることなどから、一回のレッスンでウエストが1センチは細くなるそうです。
バレエダンサーでない大人の男性の生徒は、余程自信がなければレッスンで注目され過ぎる傾向です。


この記事をシェアする