幼稚園男児が始めるバレエ教室!そのメリットと概要は?

>

バレエ教室の諸経費

バレエレッスンのメリット

大勢の中でも一際目立つ存在。
体幹が鍛えられ健康的で、背筋がスッと伸びて理想的なスタイルを維持します。
バランス感覚も優性です。
悩みのあるO脚や内股などの人も、筋肉をきちんと鍛えて足を絞り上げるイメージのアップした形で、しっかりと外股を鍛えるため、脚がおおよそ真っ直ぐに変わるように見られます。
身体の柔軟性も高まり、身体が柔らかくなることで身体全体を鍛えるので体力もつき、とてもしなやかです。
品の良い動きをした所作が習慣になり、身のこなしが美しいのが王子様ですね。
振り付けを覚えることや、総合的な集中力も培われます。
全員で動作を揃えたり順番を守ることで、協調性ができます。
バレエは、他の種類のダンスの基本でもある要素が含まれ、役に立つことも多いです。

バレエレッスンのデメリット

未就学児クラスの頃は夢中で取り組み、華やかな印象です。
中学校くらいになると、他のスポーツに興味をもったり受験勉強との両立などのことで難関です。
バレエに適した筋肉の鍛え方と使い方を習得していて、突然違う筋肉を使うスポーツに転向するのはかなりの努力も必要です。
新体操や器械体操やフィギュアスケートなど並行して有利なものは問題がありません。
バレエは基礎から時間をかけて習得し、振り付けを覚えソロで踊れるようになるのは並大抵ではありません。
女の子もトゥシューズを履いて爪先立ちで踊れるようになるまでに数年かかります。
発表会のために、日焼けもしないようにしたり。
ジャンプや回転にも軽やかさが必要で、体力が問題です。
男女ペアではリフトもあり、体重のコントロールなども両方に必要です。


この記事をシェアする