幼稚園男児が始めるバレエ教室!そのメリットと概要は?

>

血行が良くなる

バレエ教室のレッスン

バレエの1レッスンは、数人から20人前後までの生徒の編成で、数人の先生が各クラスでレッスンすることが多い。
集団の中で大丈夫なことや先生の言われたことが理解できて体を動かせる、1時間くらいは一人でレッスンを受けられるかなどを考えて、教室に入りましょう。
基本的には男女どちらでも受け入れてもらえるようです。
男の子の生徒は少数派で珍しいので、先生にはかわいがられるようです。
レッスンは女の子と一緒に行われます。
男女でおじぎの仕方などが違うのできちんと指導されます。
男の子の生徒は、発表会でも花形かもしれません。
バランスもあって、センターであったりソロも踊ったり。
他の女の子たちはストレートに厳しい目のところもあるので、男の子の生徒は自分なりに努力も必要です。
経験のあるきちんとしたカリキュラムのバレエ教室が好ましいです。

取り巻く環境をサポート

年齢が上がるにつれ、男の子の生徒の踊る特別な動きも教えてもらえます。
男の子の生徒を指導されたことのある先生か、家族に男性バレエダンサーがいる先生などにレッスンをお願いする方が良いです。
一緒に通う男の子の友人や兄弟姉妹がいる方が長く続け易いかもしれません。
才能があって続けていれば、将来も期待でき客演などもできるでしょう。
バレエを習っていることから小学校などで、男の子のダンサーであることによる中傷の対象になることもあるとは聞きますが、他の種類のダンス人口も増え、基本的な動きを習得することでのメリットは大きいです。
バレエが好きな気持ちを家族も支えてあげて、素晴らしいダンサーに育ってもらいたいとみんなが思っています。
バレエの舞台の華やかさと、レッスンの厳しさとで肉体的にも精神的にも修養の場です。


この記事をシェアする