幼稚園男児が始めるバレエ教室!そのメリットと概要は?

幼稚園男児が始めるバレエ教室!そのメリットと概要は?

バレエを踊る目的に応じて

未就学児クラスなどは、バレエ教室の1レッスンの時間は1時間前後です。
レッスンが始まると、みんなで挨拶をするのを揃えるところからです。
最初にウォーミングアップをします。
ゆったりとした規則的なリズムの音楽を聴きながら、柔軟の運動やストレッチを行います。
そして、バーレッスンに移行します。
ほどほどの高さのバーに手を添えて、レッスンが始まり、足を1から5番までのプリエして始められます。
10項くらいのレッスンを右と左を変えて順番にします。
次には床やバーを使い、腹筋等の筋力アップのトレーニングをします。
中盤以降は、センターレッスンと言うフロアに出てレッスンをします。
バーレッスンの基礎練習などをバーが無い状態でし、ジャンプやターンの要素も。
発表会の前には、振り付けの練習もします。
すごく汗をかき、姿勢が良くなり体幹が鍛えられます。
未就学児クラスなどでは省略されるレッスン内容もあり、短時間への調整などもあります。
バレエを踊る楽しさを感じられることが大事です。
音楽に合わせて体を動かしたり、リズムや表現の仕方を感じ取ることを目標にしているようです。
バレエのレッスン用語は世界共通でフランス語を使います。
プリエは、足を外側に向け膝を曲げる動きでドゥミ・プリエとグラン・プリエがあります。
パッセは、片足の爪先を片方の膝に持ってくる形です。
ルルベは、爪先で立つことです。
アチチュードは、片足で立ち片方の足はひざを直角に曲げて後方に上げるポーズ。
アラベスクは、片足を後ろに上げて片足で立つポーズ、などです。
フランスで生まれたバレエですが、世界の舞台芸術の一つです。

おすすめリンク

幼児教室、おすすめ時間帯

お子さんやお母さんの生活リズムに合わせた、幼児教室に通いやすい時間帯をお教えします!